ホーム > 交通事故被害

交通事故被害

交通事故被害

交通事故被害に遭ってどうしたらよいかわからない…。
そんなときは気軽にご相談ください。


保険会社からの賠償金提示にご納得いかない場合、裁判の判例をもとにした正当な金額をお教えし、交渉を代行します。弁護士が代理人になることで、保険会社側の対応も変わります。

賠償金交渉

保険会社の提示額と、裁判例との間には大きな開きがあります。弁護士会と裁判所との間で決めた賠償基準に照らして有利に交渉を進める結果、2倍の金額になることもあります。ご相談ください。

後遺症認定の再認定

後遺症認定の際認定

後遺症認定についても、保険会社が出してくるものが決定的ではありません。

認定機関、医師と連携し、保険会社の認定よりも有利な結果を引き出すことが可能です。

遺失利益補償

自営業の場合は、ケガが働けない期間の遺失利益を保険会社に認めさせるのが困難なケースもあります。月々の売上げを証明する請求書や、振り込みの履歴などがあれば、売上げ分を請求することが可能です。
確定申告で赤字申告しているという理由で、遺失利益ゼロという判断をされることもありますが、あくまで、家賃や人件費などの経費を含んだ「売上げ」分を主張していきます。

係争中の支払いについて

交通事故被害に遭った方が、早期に保険会社の提示に合意してしまう理由のひとつが、「治療費などの支払いに迫られて少しでも早く現金を手に入れる必要がある」ということです。
弁護士がつくことで、保険会社に対して賠償額の一部を仮払いさせることができます。
休業していて生活が困窮している場合でも、きちんと争って、納得できる補償を受けて下さい。

過失割合

警察がつくる事故証明と保険会社の認定した証拠によって、過失割合を再検討します。
実際に現場検証をしたり、警察の証拠を参照したりし、訴訟により、過失割合を有利に再決定することが可能です。
納得いかない場合は、早めにご相談ください。
アクセス



〒153-0051
東京都目黒区上目黒3-1-14
メイツ中目黒603号

受付時間
月~金 9:30~17:30

お問い合わせ 詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2014/03/24

HPオープンしました!